HOME > 未分類 > 善光寺の阿呍の像がかっこよすぎ

善光寺の阿呍の像がかっこよすぎ

秋の研修で長野へ行ってきました。

途中善光寺まで足を伸ばし参拝してきました。
善光寺

善光寺は随分昔に行ったことがある、
そう思っていたのですが、山道があまりに綺麗で
別なところだったのでは?と混乱しました^^;

山門に入る阿呍の仁王様
かっこよすぎでしょ!

善光寺左側の仁王様 善光寺右側の仁王様

EXILEもびっくりな筋肉ですね。
しばらく見惚れて声も出ませんでしたよ。(〃▽〃)ポッ

資料館では2010年にダライ・ラマ法王が来日された時にチベット僧の方々が描かれた「砂絵曼荼羅」がありました。
撮影NGでした。
とても砂で描かれたなんて思えない繊細さ
発色も綺麗でした。
実際に描かれているところを見てみたい〜♪

本来は法要が終わると崩されて残らない砂絵曼荼羅
善光寺資料館でゆっくり見られます。

さらに善光寺に行ったらこれはしたいお戒壇巡り
本堂の中へ参拝に進み、さらに奥にあります。

お戒壇巡り

内々陣の奥、右側を進むとお戒壇巡りの入口があります。お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。入口には、タイ国王より贈られた仏舎利(お釈迦様の御遺骨)とお釈迦様の像が御安置されています。

真っ暗!漆黒の闇。
普段田舎暮らしで「闇」には慣れていたと思ったけど
全く違う暗さ!
全然進めないの。

右手で壁伝って歩くのだけど、歩けない。
足はすり足でずりずり。
手も壁から1mmも離せない。
なんていうか手だけ前に出て、斜めになって
天井もなんだか下がってくる気がして、どんどん縮んでいく感じ・・

人の声が聞こえても、聞こえなくても怖い

出口まで来た時には右腕の筋肉が半端なく疲れて・・・

でも一度体験してくださいね。
ご本尊様が迎えに来てくれる、そんな素敵な未来が約束されますよ。

私てきには生まれ変わった。感じがありました。

長野に行ったらぜひ善光寺を参拝し
お戒壇巡りと砂絵曼荼羅楽しんでください。

からだほぐし こころほぐし

児玉本庄の女性専用整体サロンひだまりの中川でした
まったね〜

*さらなる見所は資料館(砂絵曼荼羅のあるところ)の百羅漢さま
一番右端の上の段の羅漢様。
とーっても気になります^^

この子は大好きです。
山門前のお線香をお供えする常香炉の足元の獅子さん
堪える獅子

未分類の関連記事

電話をかける

▲ページトップに戻る