HOME > お店の事 > 【眠れない】時に試すこと

【眠れない】時に試すこと

関東でも雪になりました。
そうはいっても山ですけどね。
(群馬の山の中と奥日光)
平野部でも冷たい雨の日が続きます。

ひだまりにも「眠れないんです」という方多いです。

眠れない時まずやって欲しいことは温めるです。

1番簡単なことは、シーツを変えることですよ。
冬用のシーツに変えましょう。
それだけでも気持ちよく眠れますよ。
ない人はペットボトルにお風呂のお湯を入れたりして、お布団を暖めましょうね。

2、お風呂で温まる。
肩までとは言いませんが、必ず手首もお湯につかりましょう
時間はおでこにタラっと汗をかくまでですよ。
おでこに汗をかくってことは、温かくなった血液が身体中を回ったということです。
追加していうと、
おでこに汗をかいたら一度出て、ぬるいお湯を足元から全身にかけます。
(シャワーの温水が出るまでの少し冷たい状態で構いません)
一度冷やすことによって「あれ?冷えちゃった?大変、血管開けないと」って脳が判断します。

3、手首や足首を冷やさない
レッグウォーマーやアームカバー(リストバンド)をしましょう。
手首や足首の細くなっているところは特に冷えやすいところです。
そこが冷えると血液循環も悪くなり夜中に目が覚めたりする原因にもなりますよ。

4、パジャマの中、お腹の部分にタオルを一枚乗せる
本当は腹巻がいいのですが、持っていない人はお腹の部分にタオルを一枚間にはさむことでお腹周りを暖かくして寝ることができますよ。

5、寝る前に白湯を飲む
ゴクゴク飲む必要はありません。ほんの一口二口。
身体の中からも温めてお布団に入りましょう。

他にも身体を温める方法として「モゾモゾ体操」があります。
体液を循環させて眠る準備ができていきますので、ぜひモゾモゾ体操も寝る前の習慣に加えてくださいね。

寒くなると腰痛をおこす人も激増します。
身体を温めることで筋肉もゆるんできます。
少しづつで構わないのでやってみてくださいね。

からだほぐし こころほぐし 笑顔満タン
ひだまりの中川でした

まったね〜

お店の事の関連記事

電話をかける

▲ページトップに戻る