HOME > 未分類 > 整体を選んでみるなら知っておきたいこと

整体を選んでみるなら知っておきたいこと

腰が痛い、肩がこる。
そんな時って

「誰かに揉んでもらう」
「シップをはる」
「体操する」

など解消法は様々だと思いますが
その悩みが深刻化した時どうしていますか?

医者(整形外科)や鍼灸マッサージなどプロの手を借りることを考えるのではないでしょうか?

20歳の時には鉄板の肩と呼ばれ、どこに行っても治らない腰痛患者であった私中川が
「整体を選ぶ時の注意」
お伝えしていきます。

整体ってそもそもどんなところ?

整体・整体院・治療院・接骨院・整骨院などなど色々名前があります。
本当は細かい区分けがあるのですが、そんな区分けは「治したい」あなたには必要はありませんよね ^^;

ですからここでいう整体は痛みを軽減させるところという、かなり大雑把な説明でしていきますね。

医者(整形外科)は痛みの場所をレントゲンなどで特定してくれます。
でも、折れたりヒビが入ったりしている以外は
「わからない」「年のせいじゃない?」
そう言った診断をしてくれて、痛み止めを処方してくれます。
触診(痛いところを特定したり)はほとんどしません。

整体(整骨接骨鍼灸マッサージ気功などなど)は
痛みの原因を問診・触診などからさぐり当てて、(基本的には)あなたの身体を直接触りながら痛みの改善するような施術を行っていきます。

整体は何するの?

「整体」には各種多様な施術法があります。
大きく分けると
・ぼきぼきと骨を鳴らす
・筋肉を押す
・鍼を刺す
・お灸をする
・オイルを使って筋肉をさわる
・ストレッチなどをする
・揺らす
・つまむ
・叩く
などなど。
数えきれませんね。

それぞれいいところがあります。
絶対に確実なのはそれぞれの先生方があなたに最善の施術をしています。
ですから自分にあった施術を探すことが大事になってきます。

痛いのがいい人、鍼はどんなことがあってもダメ。
人によって違いますよね。
だからこそこんなにもたくさんの主義があるのかもしれませんね。

たくさんある中から自分にあった整体を探すにはどうしたらいいでしょう?

整体を選ぶ方法

これはもうあなたの好みです。

「痛いのをとにかく早く何とかして欲しい」
それを解決できるなら少しくらい痛くてもいい。
そんな考えの方はぼきぼきする整体ですかね。

「身体の奥の方が痛いみたいだから奥に届くのがいい」
奥の方の骨や筋肉に直接届くなら鍼灸という考え方も。

「今が痛いから痛いことをされるのはイヤ」
それならばオイルでマッサージをしたり揺らしたりする施術がいいのかも。

1日も早く痛みから解放されるならなんでもいい。
これがいちばんの望みかもしれませんが
痛みがあって整体にかかるとなると
「1回で全部よくなる」
そうはなかなかいかないものです。

何回か通うことも考えましょう。

家や職場からの距離
施術の時間
施術の料金

やっぱり大事なのは
「自分がイヤだな」ってことをされない
これとっても大事です。

施術の内容、
施術者の印象
院内の様子

居心地が悪くリラックスできない空間だと余計に筋肉は緊張しますよね。

ひだまりにいらした方でこんなことを仰る方がいました。

東京のねちょっと遠いところだけどね
口コミが良くて言ってみたの。
そしたら
「3回で治る」って言われたの。

だけどね、痛くて痛くて(施術が)
ものすごく痛いからさ・・
2回行ったらいきたくなくなっちゃったのよね。

施術の他にも何か原因があったのかもしれませんが
HPで探し当てて2時間もかけて通ったのに
「痛くて通いたくなくなる」

そんなこともあるようです。

予約の仕方の注意

整体探すのは今やインターネット。
WEBで予約もできたりしてすごく便利。

でもね、でもね、
最初の予約は電話にした方がいいですよ。

電話に出るのは
受付の人かもしれないし、施術の人本人かも。
忙しいかもしれないけど
電話の出方である程度どんな人か想像つきますよね。

そして電話で聞いた方がいいこと
どんな施術をするのか
痛いのか、ソフトなのかだけでもね。
確認してくださいね。

自分の痛みのような人は来ているのか
なんというかひだまりは「女性専用」です。とか、ね。
「肩こり専門です」「頭痛の人は多いですよ」とか教えてくれますよ。

HP見ればわかるようなことでも
聞いてみるとさらによくわかるという感じ。

あなたにあった整体院、いえ
あなたの身体を楽にしてくれるところ探してみてくださいね。

1日も早く痛みから解放されますように

からだほぐし こころほぐし 笑顔満タン
ひだまりの中川でした

まったね〜

未分類の関連記事

電話をかける

▲ページトップに戻る